茶園のある場所 


嶽(たけ)地区はほとんどが
お茶農家。
挨拶代わりにお茶の話がお決
まりです。
美里園の茶園の広がる場所は鹿児島の南端、頴娃町(読めますか〜?「えい」と読
むんですよ) の
大野岳のすそ野に広がっています。

鹿児島市内から車を走らせること約一時間半。山道を抜けて嶽地区に入る
と一気に見渡す限りの茶畑が視界に飛び込んできます。

まるで一面、緑の絨毯を敷いてあるようで清々しい風景。

私達にとっては見慣れた風景ですが都会にでて行った家族や友
人達にとっては懐かしく愛しい、
ふるさとの風景。



   私も頴娃を出て会社勤めをしている頃、たまにの休みで帰って
   きた時この風景が見えてくると、なぜか心がホッとしました。


   


茶畑から遠くに見えるのは、薩摩富士と呼ばれる「開聞岳」。


今日はうっすら霞がかかっています。

じいちゃんはこの山の山頂付近に雲がかかるかどうかで天気を予想してました。

「雲がかかったら四時間もすれば、雨が降っど〜」 って言ってますが結構当たるんです。



TOPページへ


 お茶の美里園

              〒891-0701 鹿児島県南九州市頴娃町郡6208
 tel&fax 0993-36-0617
                 mail   info@ochanoha.com 
園主 山下 浩二


Copyright (C)2007 MISATOEN All rights reserved