お茶摘みシーズン到来!! 







の訪れと共に・・・

いよいよ可愛い新芽たちが顔を出してきました。

この頃になると、5日で一枚(一葉)芽が開いて

きます。不安と期待を胸に毎日見回りをして、こ

の時期は茶園から目が離せません。




摘み採りの一週間位前に、覆いをします。

私達は「クレモナ」と呼んでいます。これをするこ

とで色ノリがよくなり、渋味が少なく甘味の高い

お茶になります。これをかぶせるタイミングが難

しいんだなぁ。芽の成長に合わせてかぶせます。

  
  芽をつぶさないようにそぉーっね。
最近は機械での仕事も増えてきましたが、まだ

まだ人の手仕事もたくさんあります。

この時ばかりは協同で工場を運営する8家族、

総出で協力しあってかぶせていきます。

人が集まると
わっせにぎやかでわっせ速い

まるで嵐でも来たかのよう^^; 助かります。


わっせは方便で、すごいという意味です♪


約一週間後・・・芽も成長して、だいぶ色ものってきました。

クレモナを剥がしていよいよ茶摘みシーズン到来です!!

さぁ忙しくなるぞ〜 嶽地区の雰囲気もにわかに活気づい

てきますよ。




    初摘みは何年経っても緊張の一瞬。

園主が始めた当初はまだ、2人で摘採機を持って

摘んだお茶を袋に入れる人が後ろを付いて歩き、

それに持ち運ぶ人、数名で作業していましたが現

在は地元の松元式の乗用茶摘み機で1人で摘ん

で1人が工場まで運ぶという具合で
少し淋しい

気もしますが人数だけでなく時間も短縮されて鮮

度を保ったまま工場へ運べます。


初めて見る方もたくさんいると思いますスゴイ機

械ですよね〜技術の進歩には感心します。


後のコンテナが持ち上がり、枠を付けたダンプに

摘み取ったお茶の葉が投入され茶工場へすぐに

運んで
その日のうちに製茶します。

お茶も鮮度が大事なんです!



慌てないで、気をつけて・・・



TOPページへ 


 お茶の美里園

              〒891-0701 鹿児島県南九州市頴娃町郡6208
 tel&fax 0993-36-0617
                 mail   info@ochanoha.com 
園主 山下 浩二


Copyright (C)2007 MISATOEN All rights reserved