美味しくお茶を淹れるコツ 
淹れ方はコツさえ覚えれば、とっても簡単です。いつもの淹れ方とちがうなぁ・・・と感じた
方はぜひ一度試してください、いつもと違う新しいお茶の味に出逢えるかもしれません。


用意するもの

・やや小ぶりの茶器がおすすめです。

・茶碗 白慈のものだと水色が綺麗に見えます。

・急須 内側に網が張ってあると、お茶の葉が綺麗に漉されるので            便利です。

・お湯 よく沸騰させ、一呼吸おいてからポットに入れておきましょう。

・茶さじ(ティースプーンでOK)

・湯冷まし(茶碗でOK)

・茶葉 1人3グラム

茶碗にお湯を注ぎます。

湯冷ましの効果もありますが、人数分のお湯を計量することもできるので一石二鳥です。

お湯の量は、茶碗の7〜8分目が目安です



茶葉の量をはかり、急須に入れます。

1人分あたり茶さじ(ティースプーン)に軽く1杯(3g)
はかり、急須に入れます。

お湯の温度が適温になったら、急須に注ぎます。

深蒸し茶の場合70℃位が目安ですが、渋めが好きな方は高め、旨みを楽しみたい方は低めでじっくり淹れるのがおすすめです。

お好みで調節してくださいね。
フタをして30秒〜1分蒸らします。

初めは感覚を知るためにお茶の葉が開いてくるのを見てみるのもいいかもしれません。

深蒸し茶は浸出しやすいので、普通煎茶よりも短い時間で大丈夫なんです♪

お茶の葉っぱがゆっくりと開いてくる、この待つ時間も楽しみの一つです。
そろそろいいかな〜♪

時間がきたら茶碗に注いでいきます。

ポイントは各茶碗の湯の量と濃さが均一になることが大切です。

1,2,3と注いだら、3,2,1と戻りこれを少しずつ数回に分けて注ぎます。

これを「廻し注ぎ」と言います。

最後の一摘まで注ぎきりましょう。

この一滴には特に旨みが詰まっているので、大事に注いであげてください。

また、急須の中にお湯が残っていると渋み成分であるカテキンが、どんどん浸出してしまうので二煎目以降の味のバランスが落ちてしまいます。
ひと手間もふた手間もかけて淹れられたお茶の味は格別です。

最後に愛情とおもてなしの心をたっぷり込めて・・・

「温かいうちに、1杯のお茶で
      極上のゆったりタイムをどうぞ。」
注ぎきった急須の中の茶葉は片側に寄っているので急須のお尻をポンと叩き茶葉を広げてあげましょう。余分な蒸れを防ぎます。
更に急須のフタを少しずらしておくと効果的です。

☆二煎目以降は、やや高めの湯温で入れてあげると、残った成分が浸出しやすくなるのでポットから直接急須に入れてもかまいません。浸出時間も半分もしくは、一呼吸おいてから注いでください。

     
 
point 1 水へ
         
point 2 温度へ


TOPページへ


 お茶の美里園

              〒891-0701 鹿児島県南九州市頴娃町郡6208
 tel&fax 0993-36-0617
               mail  info@ochanoha.com 園主 山下 浩二


Copyright (C)2007 MISATOEN All rights reserved